福岡発の制作会社リクトのWebマガジンリクトマグ|Web集客×福岡×スクール=広告費削減

特別企画

ファンとは何か?

2018.10.03

青空に「ONLY ONE」という文字があり、人差し指を掲げた写真

ググってみた

ファンとは何か?

Googleの翻訳では、

1.(主に)競技・演劇・映画、またそれらの特定の選手・俳優などに対する、熱心な愛好家。ファン。「―レター」

2.扇風機。送風機。扇。

 

Wikipediaでは、

(英: fan)は、特定の人物や事象に対する支持者や愛好者のこと。「熱狂的な」を意味するファナティック(英: fanatic)の略。対義語で、特定の人物や事象に対する嫌悪者は「ヘイター」(英: hater)という。

 

と書かれています。

 

そして、

古来日本語では贔屓(ひいき、贔負とも)といった。語源は「盛んに力を使う」「鼻息を荒くして働く」を意味する古中国語の「贔屓」(ひき)。日本ではこれに「重いものを下で支える」という意味が加わり、これが「特に目をかけて引き立てる」に転じた。

また熱狂的なファンを「マニア」と言うこともある。

 

と説明されています。

つまり、熱心な支持者や愛好家の事で、これが熱狂に変わるとマニアへの昇格?するようです。

熱心と熱狂の分かれ目は人によっても定義が異なりそうですね。

 

リクトが考えるファンの定義

このリクトマグでもたびたび「ファン」という言葉が出てきます。

 

経営者にとって理想の状態をイメージしてみたでも書きましたが、これからの中小企業経営において最強のマーケティング・人事戦略は、いかにファンの行列をつくれるかにかかってきます。

 

ここでいうファンの定義は、上記で調べた限りでは「支持者」に近いイメージです。

 

一般的なファンは、芸能人やスポーツ選手、ミュージシャンなど個人やグループ、チームに対してのファンが多いですが、鉄道や飛行機などジャンルに対してもファンの方は存在ます。

 

もっと小さな単位でいえば、日常的に愛用している商品にもファンは存在します。

 

日用品を買うときも、ほぼ同じ価格で2つの商品が並んでいた時、価格以外の価値、つまり会社のイメージや商品パッケージや使用感などで選ぶことはないでしょうか?

 

iPhoneやMAC等のApple製品を愛用している方を多く見かけますし、私でいえばlogicoolのマウスやSONYのデジタル家電などをよく使っています。

 

私たちの言う、ファンとはこのように支持する状態で、決して大手企業やハイブランドにしかファンが存在しないわけではありません。

 

ファンというと少し難しいイメージかもしれませんが、中小企業においても、支持されている状態は多数存在ます。

 

同じ状態で横並びになった時、ちょっとだけいいイメージか、ちょっとだけ好きかどうかから始まり、最終的には、「絶対にこの会社の商品・サービスがいい!」という状態まで関係構築ができていくことが理想です。

 

そのためには、伝えること=情報発信が欠かせません

 

では、他の会社がどのようにファン化を進めているのか?

後日、ファンを集めるブランディング戦略を実践している会社の事例をご紹介したいと思います。


山口 裕介