福岡発の制作会社リクトのWebマガジンリクトマグ|Web集客×福岡×スクール=広告費削減

web編集

利き脳であなたの性格と考え方がわかっちゃう??利き脳性格診断♪

2018.10.18

考えを巡らせている写真

こんにちは!リクトで制作後のサポートのアシスタントをしてるマコリーヌです。

 

最近、友達が利き手(ちなみに右手)をケガしてしまったらしく、何をするにも不便というのを耳にしました。

 

皆様もケガには十分気を付けましょう(笑)

利き手・利き足・利き脳!?

そうそう、利き手で思い出したんですが、以前飲み会の席で友達に面白い性格診断を教えてもらいました♪

 

その名も「利き脳でわかる、性格診断テスト」!

利き手や利き足というのは聞いたことあると思うんですけど、脳にも利き脳というものがあるんですって。

 

この利き脳によってその人の性格も変わってくるみたい。

左脳・右脳の違いとは?

ちなみに脳には左脳と右脳があって、右脳はひらめきやイメージ、左脳は論理的な思考や読み書きを担当します。

 

またインプット脳とアウトプット脳というものがあり、自分で見たものをどうとらえ、どう発信するかというもの。

 

このインプット脳とアウトプット脳が、自分のどちらの脳で働いているのかが解ればその人の性格分析が出来るんだそうです。

 

友達にやり方を教えてもらって、実際に自分の脳がどっちが利き脳か知りたくなって実際に調べてみました。

診断方法

実際に自分で調べてみようと思い、色々本を読んでみて面白そうだった
【[完全版]うさうさ~右脳左脳占い~】から自分なりにやり方をまとめてみました。

 

そのやり方はとても簡単!

自然な状態で指組みと腕組みをするだけなんだそうです。なんて簡単だ!

 

指組みはインプット、腕組みはアウトプットの特性に関係します。

指組みで左指が下ならインプットの利き脳は「左」、右が下ならインプットの利き脳は「右」。

腕組みで左腕が下ならアウトプットの利き脳は「左」、右腕が下ならアウトプットの利き脳は「右」。

 

この組み合わせによって4つのタイプに分かれるみたいです。

その図がこちら
4タイプの考え方が書かれた画像

ちなみに私の結果は「猫さんタイプ」。

 

論理的にとらえて直感的に処理する・・・。

う~ん几帳面でもないし結構直感に発言したりするので、たしかにその通りかも。

 

この本では他にも性別によっても考え方の特徴を載せているので、気になる方は読んでみてはいかがでしょうか?

 

診断してみて感じたこと

実際に診断をしてみて感じたことは、情報の捉え方って人それぞれで違うんだなぁということ。

 

今、インターネットやスマホで情報を簡単に収集することが出来る時代。

 

だたその情報が正しく伝わっているかというのは、その人の捉え方によって変わってくるんだなということがこの診断を通して気づくことが出来ました。

 

私自身、仕事柄クライアントから「ホームページの改善をしたいんだけど」という相談を頂いたり、こちらから改善の提案をしたりする事があります。

 

情報の捉え方次第ではクライアントの思う”伝えたい情報”が正しく伝わらなくなってしまうので、さまざまな視点からその情報が本当に”ユーザーに伝わる情報”なのかを考える必要があるなと実感。

 

あとはサイトを作って終わりではなく、どんな年齢の人が見てるのか、どの曜日のどの時間帯に一番アクセスが多いのかを分析して、そのターゲットに向けて的確に情報を更新していく必要があります。

 

たとえば電車やバスにある広告やウェブサイトに、載っている広告の内容がどんなに良くても、日付が古かったりすでに終わってる内容だったら「古いやん!」ってなってそれ以上情報が入ってこなくなりますよね?

 

なので情報は常に新しくしておくことが、より情報を的確に伝えるためには重要なんです。

 

「でも、情報を更新するのって大変そうだし、どうしたらいいかわからない・・・( ;∀;)」と悩んでいる方もいるのでは?

 

私たちリクトではそんな人たちに代わって、作成したサイトの内容を修正したりどの年代の人が来ているのか、どのページが一番読まれているのかを解析ツールなどを使って分析したりと、サイト作成後の更新のサポートをしております。

 

もし更新にお困りであれば、私たちリクトがサポートいたします!

まとめ

いかがでしたか?ちょっと長くなっちゃいましたが、飲み会の席などでのネタになればと思い、こちらをピックアップしました。

 

以上、マコリーヌでしたぁ♪♪


マコリーヌ