福岡発の制作会社リクトのWebマガジンリクトマグ|Web集客×福岡×スクール=広告費削減

web編集

ホームページにはどこまで情報を載せればいいの?

2018.11.14

パズルピースに「answer」と「question」とかかれいている

みなさん、検索してますか?

最近、何を検索しましたか?
普段、どの様なときに検索していますか?

情報を調べて探しだすことを「検索」というので、当たり前ですが何かを知りたい時に検索したはずです。

検索した際、一番最初に見たホームページで、欲しかった情報は手に入ったでしょうか?

なかなか100%満足するだけの情報に出会わないことの方が多いのではないでしょうか?

その際にとった行動は?

恐らく、「サイト管理者にお問い合わせ」ではなく、検索結果の画面に戻って他のホームページを見るか、他のキーワードを組み合わせて再検索・・・という行動だと思います。

つまり、検索する側の視点では当たり前のことを忘れがちになりやすいのですが、自社のホームページに置き換えてみると、情報を隠してお問い合わせしてもらおう・・・と考える方もいますが、なかなかそのように閲覧者は動いてくれません。

情報が足りなければ他のサイトに行く=自社サイトから離脱されるだけです。

他に多いのは、同業他社にまねされる、手の内がバレるといった理由ですが、これだけ情報がオープンな時代です。
基本的には調べるとわかります。

また、隠すより公開したほうが信頼に結び付き、結果としてご相談=お問い合わせにつながりやすくなります。

北風よりも太陽で!を基本スタンスとしてお考え下さい。

ただし、出しにくい情報があることも事実です。
この場合は?というご相談は、ぜひ「サシ飲みメディア相談」にて。

 


山口 裕介