福岡発の制作会社リクトのWebマガジンリクトマグ|Web集客×福岡×スクール=広告費削減

web編集

GoogleのSEO。目指せ上位表示!

2018.11.07

複数のグラフが表示されたパソコンとペンを持った手が写った写真。

目指せ上位表示!は正しいか?

正解です。

やっぱりSEOは大事です。でも、それだけでは不正解です。

たしかに、ホームページを作るだけでは意味がなく、必要な人に適切に情報を届ける必要があります。

だれも見てくれないホームページだと、目的としている成果を得ることはできません。

そのため、多くの方が検索(Google)で目立つように上位表示したいという想いがあり、昔ほどではありませんが、「1番上に表示させたい」という相談も受けることがあります。

ただし、中小企業のホームページで、特に地域ビジネスの場合に資料請求や見積依頼が欲しい場合に、特定のキーワードだけで1位を取ったとしてもごくわずかの訪問者しか訪れてくれません。

自分に当てはめてキーワードを推理してみよう

例えば、福岡在住の方がお風呂をリフォームしようと思った場合に、本気の方ほど「リフォーム」などあいまいなキーワードでは検索しないからです。

いろいろなメーカーのユニットバスを検索し、希望の商品が絞られている人は商品名や型番を入れるでしょう。

もしくは、メーカー指定の方もいるかもしれません。

そこまで絞られてなくても、リフォームの補助金に対応してくれる会社や施工実績が豊富な会社を探している場合もあります。

そうなると、複数のキーワードを駆使して、自分の希望に近い施工会社を検索します。

たくさんの方にホームページを見てもらい、そこから相談につなげようと思った場合の対策は、様々な、しかもマニアックなキーワードで検索した際に、いかに自社のホームページが検索結果に表示されるか、が大事になります。

また、Googleの検索結果は必ずしもトップページしか表示しないわけではありません。

アクセスの多いホームページほど、トップページ以外の専用ページから訪問者が訪れます。

SEOは何のため?

最も忘れてはいけないのは、検索結果に表示されるという事は手段でしかなく、目的は相談してもらうことです。

相談相手として信頼できるか?を閲覧者は見ていますので、知識や技術力は高そうか、お客様は満足してそうか、など本当に頼れそうか?といった情報を他社以上に充実させる必要があります。

やるべき順序は、上位表示を狙うためにがむしゃらにキーワードを詰め込んだりSEOと言われるテクニックにこだわりすぎることではなく、全く知らない方から信頼してもらうだけの知識量や実績など、信頼ある情報を掲載していくかです。

そのような視点で、今一度自社サイトも見直してみましょう。


山口 裕介